プリザーブドフラワーとは?魅力・選び方・扱い方などを初心者向けに分かりやすく解説!

当サイトではプリザーブドフラワーに関してその魅力から選び方、扱い方などまで解説しています。
初心者にも分かりやすいサイトとなっているのでお勧めです。
贈物向けプリザーブドのフラワーギフトを選ぶ際のポイントも取り上げています。
御祝いやお礼などで贈り物にしようと考えている人に役立つかも知れません。
さらに、プリザーブドのフラワーアイテムはどこで購入できるのかも説明しています。
きっとお店選びの参考になるでしょう。

プリザーブドフラワーとは?魅力・選び方・扱い方などを初心者向けに分かりやすく解説!

プリザーブドフラワーの初心者のためよく分からない、という人もいるのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーは生花のような質感でありながらも枯れることがなく、世話の手間もかからないのが魅力です。
プリザーブドフラワーは丸みのあるアレンジメントや四角いボックスアレンジ、花時計など様々なデザインがあるので好みや置き場所で選ぶのが良いでしょう。
扱い方は簡単ですが湿気や直射日光、エアコンの風などを避けて飾るのがおすすめです。

プリザーブドフラワーの特徴とは?

近年注目が高まっているプリザーブドフラワーは、枯れないお花として大変有名です。
プレゼントにも使用されることが多くなっており、昔は高価なお花だったのですが価格も抑えられてきていることから大変身近になってきました。
このプリザーブドフラワーは、生花の一番きれいな時期に特殊な液につけて水分と色を抜き、改めて色を付けたものです。
ドライフラワーとは全く異なっており、位置づけとしてはドライフラワーと生花の中間に位置しています。
プリザーブドフラワーの特徴は、染色をしているので本来生花にはない色がある、水が必要ないので枯れない、半年から3年ほどはきれいな状態を保つことができる、花粉がないことがあげられます。
花花ではないので水やりや水かえも必要がなく、さらに花粉がないのでアレルギーがある人でも安心して飾ることができます。
ただし高温多湿に弱い性質があるので、湿度が高い場所であると色が抜けてしまい、状態が悪くなることがあります。

プリザーブドフラワーは生け花やドライフラワーと何が違う?

生け花やドライフラワーではなく、プリザーブドフラワーの人気が高くなっています。
自宅でインテリアとして飾ったり、家族や友人にギフトで贈るケースも多いです。
生け花やドライフラワーとの違いは、長期間保存できることです。
取り扱い方法を間違わなければ1年以上綺麗な状態と維持することができて、中には5年くらい保てるものもあります。
長期間楽しむことができるのは大きな魅力です。
また、プリザーブドフラワーは水やりなどが不要なので、手間がかからないことも違いとして挙げることができます。
水やりをしなくていいのかと感じるかもしれませんが、水やりをすると逆にダメにしてしまいます。
面倒な手間がかからないことも選ばれている理由です。
ただ、保存する場所によっては、美しさが維持できなくなるので気をつけてください。
プリザーブドフラワーは繊細なので、温度や湿度が適切でないと劣化する可能性が高いです。
温度は18℃から22℃、湿度は30%から50%が望ましいです。

プリザーブドフラワーにはどのような魅力がある?

自宅に花を飾りたいけれど、生花はこまめに水換えなどを行う必要があるなどデリケートな管理が必要なので、世話をサボって枯らしてしまった経験をお持ちの方も多いようです。
そこで注目を集めているのが、水やりや水換えなどのお世話が不要で、長期間生花のようなきれいな状態を維持することができる「プリザーブドフラワー」です。
プリザーブドフラワーとは生花や葉など植物にオーガニック系の染料を吸わせ、特殊な加工を施すことで自然な姿や風合い、質感、鮮やかな色合いを長期間にわたって保つことが可能です。
そんなプリザーブドフラワーが持つ魅力とは、長期保存が可能であり1~2年購入時と同じ状態を保つことができます。
自宅で適切な管理を行えば5年以上長持ちさせることも可能なので、生花とは異なり長くきれいな花を楽しみたいという方にとっておすすめです。
そして生花ではありえないカラーも、着色次第で自由度がグッと高くなることが魅力です。
そのため青色のバラや虹色のバラなど、鮮やかな色合のプリザーブドフラワーは非常に人気がありますし、最近ではくすんだアンティークのような色合いは、自宅に飾るお洒落なインテリアとしても人気が高くなっています。

注意したいプリザーブドフラワーのデメリットとは?

プリザーブドフラワーは水やりや水換えをしなくても枯れず、きれいな状態を長期間維持することができることから、贈り物としても人気が高まっています。
花の扱いに慣れていないひとでも、いつでも側に花のある生活が楽しめるプリザーブドフラワーですが、デメリットもあり取り入れる場合には注意点を知っておく必要があります。
最も大きなデメリットが価格であり、プリザーブドフラワーは生花を1本1本丁寧に加工をする必要があり、生花を購入するのと比較して高価になりやすいです。
同じ予算で手配をする場合、生花の方が豪華なフラワーギフトになるケースは多いです。
また加工上花を染色しているため、濃い色に染色されている場合近くにカーテンやクロス、衣類が直接触れていた場合色移りしてしまう危険があります。
そのため複数のプリザーブドフラワーをアレンジする場合や、世知場所を決める場合には、色移りして困ったことにならないように気をつけましょう。

プリザーブドフラワーの保存期間はどれくらい?

プリザーブドフラワーは生花よりも長期間楽しめるという魅力がありますが、半永久的に状態が保たれるわけではありません。
枯れてしまうことはありませんが、時間経過とともに色褪せしたりひび割れしてしまったりして、美しさが失われていきます。
保存期間は設置環境や色などによって変わってきますが、一般的には1~2年ほどとされています。
プリザーブドフラワーが誕生したヨーロッパでは5~10年ほど持つとされていますが、これはヨーロッパが湿度が低い気候であるためです。
プリザーブドフラワーは湿度が高い環境が苦手であるため、高温多湿な日本では1~2年ほど、長くても5年ほどしか状態を保つことができません。
プリザーブドフラワーは気温18~25℃、湿度30~50%の環境下で保管するのが良いとされているので、少しでも長持ちさせたい場合はこれらの条件が整った環境下で保管することを心がけましょう。
なお、黒や赤といった濃い色は色落ちしにくいので、日本の高温多湿な環境でも5年以上持つ可能性があります。
一方で、淡い色や薄い色は色が抜けやすいので、1年も持たないこともあります。

プリザーブドフラワーを長持ちさせる方法とは?

プリザーブドフラワーは、高温多湿な環境が苦手なので日本では1~2年ほどしか持たないのが一般的です。
しかし、保管環境に注意を払えば2年以上、場合によっては5年ほど寿命を延ばせる可能性があります。
プリザーブドフラワーの保管に適した環境は、気温が18~25℃かつ湿度が30~50%とされています。
少しでも長持ちさせたい場合は、この条件を満たした環境での保管を心がけることが大切で、基本的には冷暖房の風が直接当たる場所を避けて、風通しが良い涼しい場所に保管しましょう。
梅雨の時期に気を付けるのはもちろん、冬場も結露が発生しやすい窓や玄関、加湿器の吹き出し口の周辺は避けることが重要です。
また、プリザーブドフラワーは紫外線に晒されると色褪せしやすくなります。
そのため、直射日光やスポットライトなどの光が当たる場所を避けることをおすすめします。
なお、一般的な家庭用LED照明には紫外線がほとんど含まれないので、LED照明の光についてはそこまで気にする必要はありません。

プリザーブドフラワーのお手入れ方法をご紹介!

プリザーブドフラワーは、水やりなどのお手入れの手間がほとんどかかりませんが、クリアケースなどに入れて保管していない状態で長期間飾っているとホコリが付着してしまいます。
しかし、プリザーブドフラワーは物理的な刺激に非常に弱いため、誤ったお手入れ方法だと花びらが割れてしまう恐れがあります。
ホコリが付着した場合は、毛先が柔らかい筆などで優しく取り除くか、ドライヤーや扇風機の弱風を遠くから当てて吹き飛ばすのがおすすめです。
花びらにひび割れが発生した場合、ひびが小さいのであればハサミでカットすれば目立たなくなります。
カットするのが難しい場合や、ひびが大きい場合は花びらごと取り除いてしまいましょう。
万が一カビが生えてしまった場合は、その部分を早めに取り除くことが大切です。
カビを放置すると、他の部分にも繁殖してしまうので注意が必要です。
また、プリザーブドフラワーは時間経過とともに徐々に色が抜けていきますが、湿度が原因の色褪せは乾燥させることで元に戻る可能性があります。
密閉されたケースなどに乾燥剤と一緒に入れて、数日ほど様子を見てみましょう。

プリザーブドフラワーは仏壇にお供えしても大丈夫?

お仏壇にお供えするお花は仏花と呼びます。
この仏花は仏様やご先祖様に感謝の気持ちを伝え、さらにお参りをする人の心を清めるために必要であり、飾ることが多いです。
ですが仏花は切り花でありさらに短期間で枯れてしまうので、枯れる前に新しいお花と交換をしなくてはなりません。
近年は生花を仏花とせず、プリザーブドフラワーをお仏壇にお供えする家庭が多くなってきました。
もともと仏花は生花でなくてはならないという決まりはなく、造花でもプリザーブドフラワーでも大丈夫です。
これは本来の目的は感謝の気持ちを伝えて手を合わせることであり、気持ちが大切だからです。
また近年は庭がないためお花を簡単に用意するのが難しい家庭が多くなっており、その都度お花屋さんで購入すると多額の費用がかかってしまいます。
仕事をしている場合はその都度購入するのも煩わしくなってしまい、本来の目的を果たすことができません。
そのためプリザーブドフラワーのように水換えが必要なく、長い期間きれいな状態を保つことができるお花を飾っても問題がないのです。

プリザーブドフラワーは自分で作ることもできる!

フラワーギフトの定番となりつつある「プリザーブドフラワー」ですが、実は材料と作り方を知っておけば自分で簡単に作ることが可能です。
基本となる作り方は、プリザーブドフラワーに仕上げたい生花を準備し茎をカットし、脱水と脱色を行い着色後、乾燥させるという4ステップで進めていきます。
用意する材料はお好みの生花に、脱水・脱色液として精製グリセリン、着色液には万年筆用インクやプリンター用補充インク、乾燥台で卵の紙パックもしくは網、乾燥剤としてシリカゲルを準備しましょう。
作り方は生花の茎を水に浸けた状態で30分ほど放置、しっかり水を吸わせて花を一番元気な状態にしてから加工に取り掛かります。
用意した容器に生花と消毒用エタノールを入れて、花を完全に浸したら容器を軽く振って空気抜きを行いそのまま1日置き脱水・脱色を進めます。
色と水分が抜けた花に着色を進めて行きますが、この時グリセリンと水を2:1にした液を作り好みの着色料をグリセリン液に数滴入れ、茎の部分を溶液に付けて自力で吸い上げるのを待ちます。
十分に花が染まったら、乾燥剤を入れた容器に花を置きそのまま2日ほど置けば完成です。

プリザーブドフラワーに関する情報サイト
プリザーブドフラワーの魅力

当サイトではプリザーブドフラワーに関してその魅力から選び方、扱い方などまで解説しています。初心者にも分かりやすいサイトとなっているのでお勧めです。贈物向けプリザーブドのフラワーギフトを選ぶ際のポイントも取り上げています。御祝いやお礼などで贈り物にしようと考えている人に役立つかも知れません。さらに、プリザーブドのフラワーアイテムはどこで購入できるのかも説明しています。きっとお店選びの参考になるでしょう。

Search